レーザー治療でニキビ跡を消す

ニキビ跡に最も即効性がある方法がこの「レーザー治療」です。

レーザー治療とは、特殊なレーザーを患部に当てることで炎症を抑えたり、
凸凹部分を修復すること。

ニキビの種類によって様々なタイプのレーザー治療があります。


赤みタイプのニキビ跡

赤みタイプのニキビ跡には低出力のソフトレーザーが一般的。
皮膚細胞を活性化することで血行を促し、新陳代謝を高めることで炎症部分を取り除き
赤みを抑えます。

色素沈着タイプのニキビ跡

症状によって異なるものの、赤みタイプと同様のソフトレーザーでの治療が一般的。
ただ、重度の場合はシミの治療に使われる中出力レーザーを使用することも。

凸凹のクレータータイプのニキビ跡

クールタッチレーザーやサーマクールなどでの治療が一般的。
クールタッチレーザーは直接肌内部のコラーゲンを活性化し、増やすことで
凸凹部分を修復する効果があります。
皮膚表面に負担をかけにくい方法のため、従来のかさぶたが出ないのも特徴。

サーマクールはシミやしわを解消する最新機器ですが、凸凹のニキビ跡にも効果を発揮します。


このようにレーザー治療といっても様々な種類があることを知っておきましょう。
また、これ以外にもクリニックによって治療法が異なる場合もあります。
あくまで一般的な方法として理解しておいてください。

ニキビ跡をレーザーで消すには・・・

病院を探す

レーザー治療は皮膚科や美容皮膚科などで受けることができます。

レーザー治療はニキビ跡に最も即効性のある方法ですが、
一度で劇的な効果を発揮することはごく希です。

何度も通院する可能性を考えて、できるだけ近くの通いやすい病院を探しましょう。

また、疑問や質問などに親身に答えてくれる病院を選ぶことも大切です。

料金を調べる

レーザー治療は保険適用外の場合がほとんどです。
厳密にいうと、レーザー治療の保険適用については病院によっても異なっており、
現状ではほとんどの病院が保険適用外です。

また、料金も照射部分や回数、レーザーの種類によって大きく異なります。
両ほほで1回2万~5万程度の場合もあれば、1回の照射で10万以上の場合もあります。

レーザー治療を考えている方は直接クリニックや病院で必ず料金を明確にしておきましょう。

会計明瞭な病院を賢く選ぶことも重要です。

リスクを理解する

レーザー治療は技術の発展で肌への負担も少なくなりましたが、
まだまだレーザー治療はリスクが高いということを理解しておく必要があります。

特に凸凹タイプのレーザー治療は肌の真皮に直接レーザーをあてるため、
肌質によっては皮膚表面に深刻なダメージが出たり、治療後1.2週間は肌が
かさぶた状になりマスクをして生活せざるを得なくなる場合もあります。

また、レーザー治療を行ったからといって100%キレイになるかといえば、
そうとも言えません。

ニキビ跡の状態にもよるので、治療後のリスクをある程度理解した上
レーザー治療を受けましょう。

  • ニキビ跡を消す方法や効果的な化粧品をご紹介します。

このページの先頭へ