自分のニキビ跡タイプを知らなければ効果的な対策はとれない

ニキビ跡のタイプは、

  • 赤みが残るタイプ
  • 色素沈着が残るタイプ
  • 凸凹のクレーターが残るタイプ

の3種類にわけられます。


これらの原因は様々です、改善策も異なります。

ですので、自分のニキビ跡の種類を知らなければ効果的な対策はとれません。
また、新しいニキビ跡を作らせないための予防ケアも 種類を知らなければ効果が低くなるでしょう。


以下では3種類のニキビ跡を簡単に説明しています。

自分のニキビ跡はどのタイプにあたるのか確認してみましょう。


ニキビ跡の種類は大きく分けて3種類

ニキビ跡には大きく分けて3種類のタイプがあります。

多くの方がもっとも悩まされているのは凸凹のクレータータイプのニキビ跡ですが、
気づかないうちにそのほかのニキビ跡も出来ている場合があります。

そして、3種類のニキビ跡は原因も改善方法も異なります。
また、自然に完治していくものもあります。

自分のニキビ跡はどのタイプなのか?

自分のお肌としっかり向き合いながらニキビ跡のタイプを確認しましょう。

赤みが残るタイプのニキビ跡

赤みが残るタイプのニキビ跡は一見ニキビと見分けがつきません。

しかし、ニキビのような炎症による患部のふくらみはなく、
平らなのに赤みがあるのがこのタイプのニキビ跡の特徴です。

ニキビよりも完治が遅く、目立つため気になる人も多いようです。


では、赤みタイプのニキビ跡が出来る原因を見ていきましょう。

色素沈着が残るタイプのニキビ跡

色素沈着が残るタイプのニキビ跡はシミのような色素が残った状態を言います。
色は紫のものもあれば、茶色いシミのようなものもあり様々です。

色素沈着タイプのニキビ跡は軽度であれば完治も十分可能ですが、
重度のものを放置しているとレーザー治療でも改善できなくなる可能性があるので注意が必要です。


では、色素沈着タイプのニキビ跡とはどのように出来るのでしょうか?

凸凹のクレータータイプのニキビ跡

ニキビ跡の中でもっとも多くの方が悩んでいるといっていいのがこのクレータータイプのニキビ跡でしょう。 ニキビが治った後に、凸凹の跡が残った状態が特徴です。

このタイプのニキビ跡は残念ながら完全に完治するのは難しいと言われています。
それは、ニキビが進行する過程で皮膚組織を壊した結果がこのタイプのニキビ跡だからです。

つまり、壊れてしまった皮膚組織はそう簡単には再生しないということです。


しかし、正しい対策をとれば目立たないくらいまで改善することは十分に可能です。

それではクレータータイプのニキビ跡の原因と改善方法を見ていきましょう。

ニキビ跡基礎講座の一覧

  • ニキビ跡を消す方法や効果的な化粧品をご紹介します。

このページの先頭へ