「ニキビをつぶす=ニキビ跡になる」というわけではない

「ニキビをつぶすと跡が残るから絶対につぶしてはダメ」という言葉を聞いたことがある人は
少なくないかもしれません。実際はどうなのでしょうか?

実は、「ニキビをつぶす=跡が残る」というわけではありません。
うまくニキビの芯を取り除くことができれば、むしろ早く治ることだってあるんです。

ですが、不衛生な指で直接さわったり無理やり押し出そうとすると、
肌へのダメージになり炎症が進んでしまう可能性があるのでおすすめしません。

“ニキビをつぶす=跡が残る”ではない

ニキビ跡になりやすいかどうかは“肌質”や“体質”によって決まる

ニキビができると一番気になるのは、痕が残るかどうかだと思います。
当然、ニキビが悪化すれば悪化するほど、ニキビ跡になる可能性が高くなるのは言うまでもありませんが、 そもそも、ニキビの進行は肌質や体質によってかなり違いがでます。

炎症が起こっていないコメド(面皰)の状態のままの人もいれば、
炎症が起こる前に膿をもった状態に進む人、
特にいじらなくても炎症がどんどん進んでいく人もいます。

ニキビ跡になるかどうかはもともと持っている肌の免疫力や体質などが
大きく関係してきます。
男性のように肌が硬い人はニキビ跡出来やすい傾向にあるようです。

ニキビ跡ができやすい肌質の人は、ニキビができた段階で早めのケアを心がけましょう。



【よく読まれている記事】

ニキビ跡基礎講座の一覧

  • ニキビ跡を消す方法や効果的な化粧品をご紹介します。

このページの先頭へ