ニキビ跡といえば凸凹のクレータータイプ

ニキビ跡といえば、この凸凹のクレータータイプが最も代表的だといえるでしょう。

このクレータータイプのニキビ跡は、
ニキビが悪化し進行することで皮膚組織まで破壊されることが原因です。

破壊された皮膚組織は回復することなく凸凹状となって肌に残ります。


この凸凹のクレータータイプのニキビ跡ですが、
残念ながら完全な改善はレーザー治療でも難しいと言われています。

それは、一度破壊された皮膚組織は二度と回復しないからです。


しかし、肌の弾力の元になるコラーゲンの量を増やしたり、
ターンオーバーを促進することで目立たない程度まで改善することが可能です。

このような凸凹タイプのニキビ跡には以下の成分による働きが欠かせません。

凸凹をなくすビタミンC誘導体とピーリングがポイント

凸凹のクレータータイプのニキビ跡の改善には以下の成分による働きがとても効果的です。

クレータータイプのニキビ跡 ビタミンC誘導体・・・肌の弾力の元であるコラーゲンの量を増やす効果
凸凹肌 ピーリング(AHAやフルーツ酸)・・・ターンオーバーを促進


ビタミンC誘導体にはニキビを予防・改善する効果の他、
美白効果でも知られています。

特にコラーゲンの生成を促す効果があり、
凸凹肌を修復することができます。


また、ビタミンC誘導体と一緒に使用することで高い効果を発揮するのが
ピーリング(AHA、フルーツ酸など)です。

ピーリングは正常なターンオーバーを促進することで肌トラブルを防ぎます。
ニキビ跡の原因なるニキビを予防・改善する効果と共に、
こちらにもコラーゲンを増やす働きがあるため一緒に使用するととても有効なのです。



【よく読まれている記事】

ニキビ跡基礎講座の一覧

  • ニキビ跡を消す方法や効果的な化粧品をご紹介します。

このページの先頭へ