色素沈着タイプのニキビ跡には2種類のタイプがある

シミのようなものが残った状態が色素沈着タイプのニキビ跡の特徴です。

しかし、よく見ると紫色のものだったり、茶色のものだったりと様々。
実は色素沈着タイプのニキビ跡は2種類あるのです。

それぞれの原因が異なるため、自分の色素沈着がどのタイプにあたるのか
しっかり確認しましょう。

原因がまったく違う2種類のニキビ跡

紫色の色素沈着

紫色の色素沈着が見られる場合は、
ニキビが炎症を起こした際に毛穴周辺の毛細血管が破裂することによって血がにじみ出た状態です。

血は固まると紫色になりますよね?

その状態がこのタイプのニキビ跡なのです。


紫色の色素沈着は(リンク)赤みタイプと同様に、
正常なターンオーバーによって時間をかけて薄くなります。

逆にターンオーバーが乱れていると完治にかなりの時間がかかってしまいます。


ターンオーバーを促進する(リンク)ピーリング化粧品などを上手に取り入れることで
改善を早めることが可能です。

茶色の色素沈着

茶色の色素沈着が残ったニキビ跡はいわゆるシミと言われる状態です。

ニキビが炎症する際に分泌される活性酸素によって大量のメラニンが作られます。
このメラニンが許容範囲を超えることでシミとなって肌表面に出てきたしまった状態が
このタイプのニキビ跡です。

軽度の場合はピーリング化粧品の使用などで十分改善できますが、
皮膚へのダメージが多い重度の場合は効果が得られず、
レーザー治療でも完治できない場合があります。



【よく読まれている記事】

ニキビ跡基礎講座の一覧

  • ニキビ跡を消す方法や効果的な化粧品をご紹介します。

このページの先頭へ